2位以内が確定

2019年1月14日 0 投稿者: guzzan

2019年1月13日(日)
アジアカップ2019 予選リーグF組

 日本代表 1(1-0)0 オマーン代表
       (0-0)

 <得点> 原口

【戦評】
 FWの大黒柱でもある大迫が怪我で出られなくなったことで攻撃陣にどのような変化が起こるのか?ということがひとつの焦点でもあったこの試合、結果は1-0の勝利で勝点3を取ったことで2位以内が確定し、無事に決勝トーナメント進出を決めました。第1戦から多少のポジション変更が見られましたが、驚くような変更ではなく、「予想の範囲内」でした。変更があったのは、大迫→北川、槙野→遠藤の二人で、初戦でボランチに位置に入った冨安が槙野のポジションに下がり、遠藤がボランチに入りました。第1戦よりこの 第2戦のポジションの方が本来の姿でしょう。

 試合が始まってしばらくすると日本がかなり慎重に進めているような気配を感じましたが、これは第1戦のドタバタ劇の影響があったのでは?と思います。それでも前半は南野や堂安を中心に何度か決定機を作り、優勢に試合を進めてゆきます。ここで1点でも取っておけば楽な展開になったと思いますが、決めきれなかったことで試合は緊迫感が抜けきらないヤキモキした状態が最後まで続く結果となりました。追加点が入らない時間帯が続くとDFは「絶対0点に抑えないといけない」という意識からラインが常に下がり気味になるということが時として起こりますが、この試合もそうだったのか?と思ってしまいます。相手ペナルティエリア付近でルーズボールを取られた後、それを取り返す位置が深い(遅い)ため、効果的な速攻につながる場面が少なかったように感じます。

 決勝トーナメント進出は決まりましたが、1位か2位かは第3戦で決まります。ウズベキスタンが4-0で勝ったため、得失点差で日本は2位に後退しました。トーナメントの日程と会場を考えると2位通過の方が移動距離が少なくて済むようですが、相手が決まらないと2位がいいのかどうかもわかりません。堂安と南野がイエローを1枚もらったのはちょっと気になりますが、2人だけの心配でなく、チームに躍動感がまだ出てこないこと自体が気になります。昨年のウルグアイ戦で見せたようなはつらつと試合を第3戦以降で再現してほしいものです。