コロンビアの牙城を崩せず敗退。新顔との連携には時間が必要か?

2019年3月23日 0 投稿者: guzzan

日本代表 0-1(0-0)コロンビア代表

<新メンバーでのスタート>

 昨年のW杯の再現となったこの試合、日本は香川、乾などの復帰組と鎌田や鈴木などの新顔が堂安、中島、南野などとどのように融合するのかが一つの焦点でした。コロンビアは一部の主力を怪我で欠いたものの、ハメス・ロドリゲスやファルカオなどベストに近いメンバーで挑んできました。日本の先発は1トップの位置に鈴木が入り、2列目には中島、南野、堂安というここ最近の常連メンバーが並び、ボランチに柴崎、山口、DFは右から室屋、昌子、冨安、佐々木、そしてGKは東口が入りました。香川が先発で出るのかどうかも気になりましたが、おおよそ予想通りの先発メンバーでした。

<冨安がハンドを取られたシーン>

 試合は後半にPKを得たコロンビアがこれを確実に決め、1-0で勝ちました。このPKは冨安の手(肘?)に当たったためにとられたわけですが、「故意ではないからハンドを取るのはおかしい」という意見が出てもおかしくないシーンでした。けれど、今では「手に当たった」という事実こそがハンドという反則を下す判断になるという認識に統一されているようです。偶然手に当たったように見えるシーンでは、「故意かどうか」ということは厳密には「本人にしかわからない」ことであり、それをレフェリーの判断で決めることは難しく、また決めなければならないとしたら、どちらの判断を下したとしても、両チームとも納得しがたい状況が生まれるでしょう。最近「VAR」がよく話題に出てきますが、このVARでもハンドの判定に関しては「故意かどうか」というより、単に「手に当たったかどうか」を見ているようです。偶然であっても「手に当たったら反則ですよ」という定義にしておけば、無用の混乱は少なくなるでしょうね。

<新戦力は?復帰組は?常連組は?>

 この1試合だけではまだ何とも言えないかもしれませんが、それでもこの試合から受けた個人的な印象は、先発メンバーの前半の方が攻撃はスムーズだったと感じました。後半は香川が鈴木に代わって入り、乾と小林がそれぞれ堂安、山口と代わって入り、終盤には南野から鎌田、佐々木から安西と立て続けに交代がありましたが、固定メンバーでの時間が短くて評価しにくい感じです。新しい顔の評価をするにはもう少し起用される時間がほしいように思います。そんな中、一番印象に残ったのは中島でした。やはり彼の存在は目立ったし、そのドリブルでの打開力は日本代表の大きな武器だと感じました。

<来週のボリビア戦に向けて>

 次は来週のボリビア戦、「全員使いたい」と言っていた森保監督の話が本当に実現するのかどうかはわかりませんが、橋本や三浦、畠中、宇佐美なども見られるといいと思います。さすがにGKは3人とも使うことはないかと思いますが、次は中村かダニエルが出ることになるのではないでしょうか。何れにしても、得点が取れなかったという事実がしっかり反省され、どんなメンバーになろうとも今度はすっきり勝利を引き寄せてほしいものです。