先発メンバー総入れ替え、でも結果を出したのはやっぱり・・・

2019年3月27日 0 投稿者: guzzan


日本代表 1-0(0-0)ボリビア代表

<先発は総入れ替え、キャプテンは香川>

 「全員を使いたい」と試合前に語っていた森保監督。その言葉通り、先発はコロンビア戦の先発とは全く違うメンバーが組まれました。GKはダニエル、これは異論なし。2試合しかなかったので、残念ながら中村は出場機会がありませんでした。仕方ないですね。DFは右に西、左に安西、センターには三浦と畠中というセット。4人のうち、3人が森保ジャパン初出場です。ボランチは橋本と小林で、橋本は初出場。2列目のMFは右に宇佐美、左に乾、真ん中に香川という「関西」組のセット。そして1トップは先発としては初の鎌田で、これまた「関西」組。前の4人は全員「関西」組となりました。

<攻め続けるも無得点>


 前半は香川、乾を中心に日本が押し気味に進めるもなかなか決定的なチャンスがつかめません。乾が惜しいシュートを打ちましたが、それ以外はなかなかペナルティエリアの中でシュートに持ち込めません。過去によく見た光景です。守備に関しては(ボリビアの攻撃がそれほど鋭くなかったこともありますが)初出場の選手が多いわりにはまずまずの出来だったように思います。そして、さらに良かったのがボランチの橋本です。橋本も初の代表選出でしたが、DFの前で相手のカウンター攻撃の芽をよく潰していたと思います。1試合だけでは結論付けできませんが、ケガで今回は招集が見送られた遠藤航のバックアップとして浮上してきたのではないでしょうか。1トップの鎌田は今一つフィット出来ていないように感じます。もう少し時間が必要なのかなと思います。

<やっぱりあの3人>


 後半の途中から中島、堂安、南野の3人が相次いで投入されました。香川、乾、宇佐美のセットは結果を出せずに終わってしまいましたが、ちょっとがっかりした人も多かったのではないでしょうか。それにしても入れ替わった3人、やっぱりいいですねぇ。攻撃のスイッチが入った際の動き出しが前半と違います。香川や乾も海外で最近よく活躍しているので、まだまだ上手いのは上手いのですが、若い彼らは活きの良さが違うんでしょうか、決定機まで持ち込むことができるので、観衆の反応も違います。今日も中島のプレーが断然光っていました。コロンビア戦もそうでしたが、「10番」は中島に付けた方がしっくりする、そんな印象を持ちました。中島本人は背番号にはこだわっていないようですが...

<6月に向けて>


 結局、今回の2試合では大迫の穴埋めというオプションは見つかりませんでした。鈴木も鎌田も大迫とはタイプが違うことはわかっていましたが、なのでそれを踏まえてどうする?というところが見えなかったと思います。コパ・アメリカの前に国内でもう2試合あるようですが、北川、鈴木、鎌田...この中から解が見つかるのか、はたまたその時はまた違う顔が出てくるのか、モヤモヤは残ったままです。