全国高校総体(インターハイ)滋賀県予選決勝

2019年6月1日 0 投稿者: guzzan

草津東 0-1 近江

 6/1(土) 東近江市の布引運動公園グリーンスタジアムで行われた行われた決勝は1点を争う白熱のゲームとなった。草津東のサッカーは過去にも何度も全国大会で見ているが、近江高校を生で見るのは初めてで、どんなサッカーをするのか、勝敗とは別に興味の湧く部分であった。

近江高校はのユニフォームは野球部と同じく「近江ブルー」
全国大会常連の草津東は予想通り貫禄の決勝進出

序盤は草津東

 序盤は草津東がボールをキープし、押し込む時間が続く。トップを張っている9番の選手が非常に強くて上手く(彼が最近、サッカー記者たちからも注目されている渡辺くんか..)、目立って大きい選手ではないものの、ヘディングの競り合いなどもほとんど勝っていて、味方にボールをつないでいる。ああいう選手がトップにいるとカウンター攻撃の時のターゲットに出来るため、チームとしては非常にありがたいはずである。

徐々に近江のペースに

 しかし、前半も半ばを過ぎてくるころには近江高校がポゼッションで優位に立ってくる。詳しくは知らないが、数年前にガンバ大阪の関係者(元選手?)が近江高校の指導に入っているらしく、近江高校は近年急速に強くなってきている(関西プリンスリーグにも参加している)。狭いところでのボールキープ、柔らかいテクニック、ゴール前での細かいパス回しといった部分で、草津東を上回っているように思えた。野洲高校が全国制覇してから十数年が経ち、最近では野洲高校もあまり表舞台に登場しなくなったが、今日の近江高校を見て、野洲高校のスタイルと少しダブって観ていたのは私だけだろうか?初めて生で見る近江高校はそんなスキルフルなチームだった。

決定機を逃した草津東

 前半を0-0で終え、勝負は後半に入る。後半の出だしは草津東が盛り返し、決定機を何度か迎える。「入った!」と思ったシュートがポストに嫌われたり、ポストぎりぎりのシュートが3~4回あり、どれかが決まっていれば違う展開になっていたかもしれない。私はたまたま近江高校応援席側に座っていたが、ピンチのたびに悲鳴のような声が何度も上がっていた。そして終盤、近江高校の選手が相手ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これが決まり、1-0に。残りの時間帯は草津東が必死の反撃に出るも、近江高校の守備も粘り強く対応し、1-0のまま終了となった。

後半、近江高校にPK

頑張れ近江高校!草津東の分まで!

 結局は近江の技術が勝ったというのが正直な印象で、オーソドックスなサッカーで全国大会の常連でもあった草津東はあと1歩決定機を決めきることが出来なかったことが悔やまれる。そして、冒頭にも書いた9番の選手は本当に上手かった。全国大会で見てもらえないのは残念な気もする。近江高校には全国大会で是非とも上位に食い込んでほしいと思う。狭いエリアでのパス回し、ドリブル突破などは全国でも通用すると思うので、思い切ってチャレンジしてきてほしい。試合後、涙をみせていた草津東の選手たちの分まで!