コパ・アメリカ開幕

2019年6月15日 0 投稿者: guzzan

コパ・アメリカ2019が開幕した。開幕戦は地元ブラジルが3-0でボリビアに完勝したようである。「ようである」という言い方しかできないのは、TV放送が民放あるいは衛星放送(無料)でも放映されないため、生で見ることができないからである。有料のスポーツ放送DAZNが独占放送をしていて、今申し込めば無料の視聴期間中に日本の試合は見られるようだが、すぐに退会するのも面倒だし、ちょっと思案中...

日本代表はCチーム!?

ところで、今回は招待国としてアジアからカタール代表(アジアカップ優勝)と日本代表(アジアカップ準優勝)が参加している。そして、特に話題になっているのが、日本代表チームである。話題に上がっている理由は、日本代表が「実質Cチームを送ってきた」みたいな論調で地元に伝えられているからで、人によっては「コパ・アメリカをなめている!」とまで言う人もいるとか..確かにある意味それは当たっているかもしれない。何せ、数人(岡崎、川島、柴崎など)を除いて、ほとんどのメンバーが初代表となる「20歳前後」の若手で構成されているのだから、「BどころかCだ」と言われても反論しにくいのは仕方ない。

注目の一番は..

 そんな中でもとりわけ注目されているのが、先日18歳になったばかりの久保建英である。昨日、レアルマドリードと5年契約が成立したというニュースが流れたが、海外でもそのプレーに興味深々のようである。一旦はレアルのBチームで活動するところから始まるようだが、モドリッチやアザール、マルセロなどといった主力たちに並んだわけではないので、できれば今回のコパ・アメリカで周囲が一目置くようなプレーをして、レアル入りの実力を示してほしいと思う。そうできれば、大会後のレアル入団の際の注目度もさらに上がってくると思うのだが..

あわよくばグループリーグ突破!?

 久保選手のこと以外で注目したい点は、その他の若手選手の台頭とチームとしての結果(グループリーグ突破)である。安部(鹿島)、伊藤(ハンブルガー)、大迫(広島)、中山(ズウォレ)、上田(法政大)など、名前を挙げればキリがないが、こういった若手が雰囲気にのまれることなく、のびのびとプレー出来れば、結構面白いチームになるのではないかと(薄っすら!?)期待してしまう。そんな簡単に勝てるほど甘い大会ではないが、今回の代表チームが「怖いものなしの若手たち」であることを期待して、こんな結果を残してくれたら十分かな...と思う。

△ 日本 1-1 チリ
● 日本 1-2 ウルグァイ
〇 日本 2-1 エクアドル

1勝1分1敗でグループリーグ突破!...
こんな期待を寄せてはいるが...あと数日で日本-チリの試合が始まる。