W杯アジア二次予選スタート

2019年9月9日 0 投稿者: guzzan

各グループの第1節終了

 2022年W杯を目指すアジア二次予選が始まった。各グループの第1節の結果は次の通り。

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/event/detail/31108?group=

 各グループともいわゆる第1シードの国は試合がなく、第2節からの登場となる。日本代表も同様に第2節(9月10日)が初戦となり、初戦はアウェイでのミャンマー戦である。ミャンマー代表との試合は過去に遡ると実績があるが、最近では全くなく、私自身も初めて見るチームである。今から40年以上も前のことになるが、マレーシアで行われていた「ムルデカ大会」という大会に日本代表が出場していたが、その大会で対戦したことがあり、試合結果の論評のみを雑誌(サッカーマガジン?)で読んだ記憶がある。もちろん、その結果まで詳細には覚えていないが、当時の国名はミャンマーではなく「ビルマ」だった。もうそんな前のことであるから、今回の対戦は実質初めての対戦と言ってもいいのかもしれない。

悪環境の中でのサッカー

ネットの記事を読んでいる限りでは相当な「悪環境」らしい。東南アジア特有の高温多湿、スコールの襲来、ぬかるんだグラウンドなどなど...隣国のタイでの試合は経験しているはずなので、それと大きくは変わらないのでは?とも思うのだが、実際はどうなのだろうか?ひどくぬかるんだ状態であれば、自陣ゴール前で細かくつなぐことはご法度になる。とにかく「GKは安全第一で大きく蹴り、相手ゾーンでフィフティフィフティの競り合いに持ち込むところから始める」というサッカーになっても仕方がないかもしれない。

先ずは確実に勝ち点3を

先日のパラグアイとの試合はまあまあの出来で勝利を手にしたが、それとは全く違う試合になると思う。いくら相手のレベルが低かろうが W杯予選という独特の重圧はあるだろうし、その重圧はレフェリーにものしかかっているので、正常な判定がされないかもしれない(実際、過去にもおかしな判定は幾度もあった!?)。MFの右サイドは堂安なのか久保なのか?という記事で溢れているが、誰が先発で出るにしろ、ここはひとつ確実に勝ち点3を取ることを前提に慎重な試合運びをしてほしいと思う。