大迫負傷はピンチか?

2019年9月21日 0 投稿者: guzzan

大迫負傷、10月のW杯予選は無理!?

 ドイツから「大迫負傷、しかも重症!」の一報が入った。現在の日本代表で一番頼りになる選手と言ってもいい。いわば大黒柱でもある大迫の負傷は各メディアが一斉に「大ピンチ!」と書き立てた。確かに大迫の抜けた穴を埋める「二番手」の選手がはっきりしていない現状では確かにピンチと言えるし、心配事ではある。しかし...

緊急事態に対する備え

 大迫一人にいつまで頼るのか、それは大迫がケガをしたことよりもっと大きな問題とも言えるのではないか?..今は二次予選、来るべく最終予選とはその厳しさは倍ほど違う。いや、もっと違う。もし、その時に大迫がいなかったら..現状のままなら、それこそ大ピンチである。ケガをしたタイミングとしては来年の今頃でなくて良かった。今のタイミングならまだマシだ。次はホームでモンゴルと戦うが、はっきり言って「大迫の不在」が問題になるようでは、話にならない。逆に大迫の後釜をテストするにはちょうどいいのではないか?

ベテランより若手

ある記事に「大迫不在の代わりとして岡崎を呼び戻せばいい」ということが書かれてあった。確かに経験豊富な岡崎は頼りになるだろう。呼ぶことに真っ向から反対するつもりはない。しかし、相手はモンゴル、若手抜擢のテストとしては持ってこいだと思う。例えば上田(鹿島)であり、鎌田(フランクフルト)であり、といった若い選手を試してほしい気がする。もちろん、バックアップとして岡崎や小林悠などのベテランをベンチに置いておくというのはありだと思うけれど、大迫の次を見据えた時、来年以降を考えた時、ベテランで安全策より、若手で勝負してほしい。大迫のケガはクラブや本人には悔しい事態だろうけれど、ケガがこの時期であったことが日本代表にとっては「ピンチ」ではないような気がする。