W杯カタール大会アジア2次予選

2019年10月17日 0 投稿者: guzzan


タジキスタン代表 0-3(0-0、0-3)日本代表

結果は良し

アウェイで3-0の勝ち、これはこれで結果としては最高の結果になった。治安や環境、人工芝コートなど、アウェイの洗礼としてはいろいろと心配されていたが、特に問題もなく終わった(現場では実際は問題はいろいろあったかもしれないが、勝ち点3を取ったことで、試合後に問題として取り上げられることはなかった)。これで3試合で勝ち点9となり、来月のキルギスとのアウェイゲームで勝ち点3を取れば、2次予選通過は事実上はぼ決まる。キルギスもランキング上は格下だが、侮ることなく慎重に戦ってもらいたいと思う。

以外に手ごわかった

3-0という結果ではあったが、タジキスタンは思っていた以上に手ごわかったように思う。特に前半は危ないシーンがあり、先に失点していたらどうなるかわからない状況だった。アジアの格下チームでよく見られる「ドン引き&カウンター狙いのみ」という戦い方ではなく、堂々と中盤で勝負をしてきた。細かいパスもなかなかうまい。結局はゴール前での最後の精度を欠いたために日本を慌てさせるまでには至らなかったが、その可能性は十分にあった。来年の日本でのホームゲームはもう少し違った展開になるかもしれないが、世界ランキングのあいまいさを実感する試合だったように思う。

選手起用のこれから

この試合、先のモンゴル戦からは先発が4人変更になった。富安→植田、遠藤→橋本、伊藤→堂安、永井→鎌田 という変更である。富安はケガなので仕方ないとして、あとの3人の変更の理由はよくわからない。相手が引いてくるという予想で伊藤、永井というスピード系の選手を外したのなら、モンゴル戦も同じはず。今回は「組み合わせを試す」意味があったのだろうか?2ゴールで試合を決めた南野はさすがといった感じで、もはや日本代表で今一番頼りになる選手になった。初めて先発した鎌田も(シュートのタイミングがやや遅れて決まらなかった場面もあったが)南野との組み合わせはそこそこうまくいったように思えた。大迫を欠いた時の戦い方として見えてきたものがあったか...まだ1試合だけではわからないが、この先さらに違った組み合わせがあるかもしれない。最後に久保の起用について。プレー時間は5分程度で、初ゴールはお預けとなった。できれば先発、そうでなくてももう少し長い時間見てみたいと思うのは誰しも同じだが、森保監督も相当慎重になっている感じがする。次のキルギスに勝てば、メンバーを一気に若手に変えてくる可能性もあり、そうなると久保も先発に入ってくるだろう。来年3月以降ということになるけれど..できれば、次のキルギスとの試合で出してほしい気はする。