黒星スタート

2020年1月10日 0 投稿者: guzzan

U23アジア選手権
日本 1-2 サウジアラビア

東京五輪の出場権(アジアから3チーム)をかけたアジア選手権がタイで始まった。西野監督(前日本代表監督)率いるタイ代表がバーレーンを5-0で圧倒する好スタートを切り、地元タイも大いに盛り上がっていることだろう。そして、昨夜、日本代表が初戦を迎えた。

序盤はサウジが攻勢をかけ、何度か日本のゴールを襲うも、GK大迫の美技で難を逃れる。日本も時間が経つにつれ少しずつ盛り返しチャンスを作る。ペナルティエリア付近からのダイレクトパスで旗手がGKと1対1になった場面が一番惜しかったが、躊躇したのか、判断が遅れたのか、シュートまで持っていけずに終わった(ゴール出来ていてもオフサイドだったが)。前半は0-0で終わったが、これは想定内だった。

後半開始早々、サウジの選手の高速ドリブルに何人も振り切られて失点し、0-1。でもまだ想定外ではない。時間もたっぷりあるし、開き直って攻め返してほしい...と思った矢先、食野が何度も見せていた「中へ切り込んでのシュート」で同点弾を決め1-1になった。失点後、すぐに追いついたことで、流れは日本に。ポゼッションも徐々に日本が支配率を高め、逆にサウジの選手は足をつる選手が出だしていたため、逆転ゴールは時間の問題か、と思われた。しかし、最後の最後になってDF陣のちょっとした連係ミスからボールを奪われ、ゴール前で相手の足をひっかけ倒してしまった。PKを決められ、1-2に。これが試合終了直前。このあと、旗手→田川、杉岡→相馬、と2人を交代させたが、残り時間があまりにも少なく、このままThe Endとなってしまった。

この敗戦、最後はDF陣のミスで決まってしまったことは確かだが、2人のDFだけに敗戦の責任があるわけではない。ああいうミスは時として起こること、それを見逃さず得点を決めたサウジの選手を褒めるべきで、問題は「もう1点がとれなかった」ことだと思う。せめて、2-2のドローで終えてほしかった。食野のゴール以外、得点できる匂いさえしなかった。海外組の主力5人が戻ってくれば大丈夫という考えは甘いと思う。このメンバーでアジアを制するということが出来て初めて「東京五輪の金メダル」という言葉が現実味を帯びてくるのであって、こんなゲームをしていて金メダルも何もあったものではない。森保監督の采配にも疑問が残り、巷ではまた「解任論」が噴出しそうな雰囲気もある。そんな雰囲気を払拭するには、グループリーグの残り2連勝で決勝トーナメントに進出し、優勝をつかみ取る...それしかない。それ以外にファンも関係者も納得はしないだろう。シリアもカタールも簡単に勝てる相手ではない。それでも、引き分けではダメで勝たなければならない、絶対に。この負けが奮起するトリガーとなって、快進撃が始まることを祈りたい。