3バックの是非

2020年1月16日 0 投稿者: guzzan

◎U23アジア選手権 日本代表1-1カタール代表

1分け2敗でグループリーグ敗退。だれがこんな結果を予想していただろうか?海外組の主力である久保、堂安、冨安、安部、中山など、多数のレギュラークラスが参加できなかったという事情はあるにせよ、それでもグループリーグ敗退、しかも1勝も出来ないなどということは考えもしなかった。
初戦は終了間際にケアレスミスとも言える中途半端なバックパス、第2戦はこれまた終了間際にカウンターでDFが振り切られて失点、第3戦はレッドカードにPK。確かに微妙な判定などの不運はあったかもしれないが、3試合ともPKを取られるという事実を不運だけで片づけていいものか?仮に失点したとしても、あれだけポゼッションで勝っているのだから2点、3点と取っていれば負けることはなかった。
第3戦のカタールとの試合で、日本は初めて4バックシステムを使った。ただし、田中碧が退場になって10人になった後の苦肉の策で...ところが、10人&4バックになってからの方がゲームが落ち着いたように見えたのは私の勘違いだろうか?3バックか4バックかという議論はいつもよく比較される。3バックだろうが4バックだろうが、それは単なるシステム論であって「そういう問題ではない」という意見もあるようだが、そうだろうか?日本は現状(というか、歴史的には今までもずっと)MFゾーンに特色のある好選手が多い。現状でも久保、堂安、安部、三好、中島、南野、過去にも中村俊輔、小野、中田、稲本、遠藤、香川、本田、乾などなど...単純な話、中盤で勝負をするのが日本の強みだとすると、中盤(しかも前目のいわゆる2列目)を厚くして攻めるシステムがやはりいいのではないかと思う。それは4-2-3-1、あるいは4-4-2といった4バックを採用することで実現できる。3バック+2人のウィングバックのスタイルは試合状況によって5バックになりやすく、一度重心が後ろ気味になると自慢のパスワークが敵陣の深いところで発揮しにくい。そんな気がする。森保監督は3バックでJリーグを制し、3バックの良さを熟知しているのだろうけれど、それはサンフレッチェ広島がJリーグの中で機能したことであって、日本代表がアジア相手に3バックが有効とは今のところ思えないし、事実、機能しているところを見たことがない。森保監督の解任騒動の噂が出るのは当然だが、A代表の監督を兼任していることが余計に事態をややこしくしている。監督の首を挿げ替える前に、基本的に4バックに戻してみたらどうなのだろうか?