アドバンテージ

ファウル(反則)が発生した場合、主審が通常は笛を吹いて試合を止め、相手側にフリーキックを与えますが、状況によっては流す(笛を吹かない)ことがあります。これは、「プレーをそのまま続けた方が反則されたチーム側に都合がいい」と主審が判断した場合に起こります。例えば、シュートを打とうとした選手が倒された時に、たまたま横にいた味方の選手の前にボールがこぼれ、絶好の得点チャンスになった場合などです。この場合、プレーを止めてフリーキックにするよりも次の選手がシュートを打つ方が有利だと判断を下したことになります。その結果として得点になるかどうかはわかりませんが、反則を受けたチーム側は(流したことによる)恩恵を受けたと判断された時点で、反則を流されたことに関しての対応は終わりになります。ただし、有利になると思って流したのに、そうならなかった場合、(短い時間内であれば)反則があった時点に戻して笛が吹かれる場合もあります。いずれにせよ、これらは主審の判断によります。