ボランチ

 ポルトガル語で「ハンドル」を意味するこの言葉がいつからか使われるようになりました。その昔(今から40年くらい前!?)、私が学生だった頃はボランチという言葉は使っていませんでした。いわゆるMF(ミッドフィルダー)の真ん中付近にポジションを取り、攻撃と守備の全体をコントロールする役割という意味でボランチという言葉が使われています。この役割を2人でする場合、ダブルボランチといい、通常は一人が守備的に、もう一人は攻撃に重点を置くというようなことになります。もちろん、相手によっては2人とも守備的になることもありますが、2人とも攻撃に専念するということはなく、そういう場合はボランチは1人で十分ということになります。