遅延行為

 勝っているチーム側の選手がスローインをなかなか入れなかったり、FKやGKをなかなか蹴らなかったりすると、時間かせぎをしていると判断され、イエローカードが出ることがあります。これを遅延行為と呼んでいます。この判断は主審が下しますが、明確に何秒かかったらイエローになると決まっているわけではなく、あくまでその時の状況を見て判断されます。負けているチーム側の選手がやっても反則は取られません、当たり前ですが...