勝ち点

 リーグ戦方式では「勝ち点」によって順位を決めてゆきます。勝点は次のように決められています。

①勝ち   3点
②引き分け 1点
③負け   0点

 その昔、①の勝ちは2点だった時代があります。すなわち、「一つの勝ち」と「2つの引き分け」が同じだったわけです。その時代、試合によっては「負けるくらいなら引き分けで十分」という状況になる確率が今より多く、勝ち抜くために0-0に持ち込む退屈な試合が発生していました。勝つことに引き分けの倍以上の価値を持たせることで、より一層攻める姿勢が求められるようになりました。