FK(フリーキック)

 反則行為があって主審が笛を吹いた場合、相手にFK(フリーキック)が与えられます。FKには「直接FK」と「間接FK」の2つがあります。見ていて「危ないなあ」とか「汚いことするなあ」という類の反則(相手の足を蹴ったり、肘打ちしたり)は直接FK、そこまでひどくないもの(ボールに関係なく相手のプレーを遮るオブストラクション、オフサイドなど)は間接FKになります。間接FKは、直接ゴールに蹴りこんでも得点にならなりません(相手のGKになる)。これを示すために、主審は間接FKの時は手を真上に挙げて、蹴られたFKを次の誰かが触るまで手を挙げ続けています。手を下したら、それ以降は得点が認められることになります。