オフサイド

 数あるサッカーのルールの中で一番ややこしく難解なのが「オフサイド」です。オフサイドは簡単に言えば「待ち伏せしてはダメですよ」というルールです。コートの中で一人だけずっと相手GKの横にいて、味方からボカーンと飛んできたパスをヒョイと蹴りこんだとしたら...それは待ち伏せだから卑怯でしょう...ということです。ですが、実際にはそんな分かり易いことばかりでなく、ぎりぎり「待ち伏せですよ」ということが多く、それが微妙な判断になるので難しいわけです。オフサイドのルールを簡単に解説すると、味方からパスをもらう時は「相手ゴールラインと自分の間に2人以上の敵の選手がいる状況でパスをもらう必要がある」ということになっています。これはパスが出る瞬間の話ですから、パスが出たあとGKと1対1になったりするのは問題ありません。一瞬のことですから判断が難しくなるのは当然で、過去にも微妙なオフサイドが物議を醸しだした例は数多くあります。ですが、これもVAR(ビデオアシスタントレフェリー)導入で改善されることと思います。