レッドカード

危険あるいは非紳士的行為の度合いがイエローよりも重いと主審が反出した場合、レッドカードが出されます。レッドカードを受けた選手は退場、その選手の交代を入れることは出来ず、そのチームは人数が減った状態で試合を続けなければなりません。レッドカードを受けた選手は通常では次の試合にも出場できません。また、レッドカードの行為の内容によっては、2試合以上の出場停止となることもあります。決定的な相手のチャンスを反則で防いだり(相手のシュートをGKでもないのに手で止めたり等)、暴力行為、主審に唾を吐くなどの侮辱行為もレッドカードの対象となります。