システム

 選手のポジションの配置により、4-2-3-1や4-1-4-1などいろいろな配置があり(この表現にはGKは含まれない)、これらを一言でシステムと呼んでいます。このシステムは時代とともに変化をしてきました。昔(1980年代とかそれ以前)は4-3-3とか4-4-2など、いわゆるフィールドプレーヤー10人はDF、MF、FWの縦3列で表現されることが一般的でしたが、最近では1列増えて、上記のような縦4列の表現をすることが多くなっています。例えば、4-4-2と言っても、役割を細かく言うと4-2-2-2だったり、4-1-3-2だったりするわけです。特にMFのポジションが明確に分けられることが多いようです。