ウィング

FWの選手三人いた場合、左右両サイドにポジションをとってプレーする選手を「ウィング」という呼び方をすることがあります(真ん中にいる選手は単にトップ、あるいはセンターフォワードとも言います)。FWが一人あるいは二人の場合はウィングという呼び方はしません。また、システムによってはコートの縦のサイドラインを攻撃から守備まですべてをこなす役割として「ウィングバック」と呼ばれるポジションもあります。DFが三人のいわゆるスリーバックのシステムの時によく使います。